ケーエフエスグループ 代表 小島清一郎氏

新型コロナウイルスの感染拡大によって、日本中の中小企業が未曾有の非常事態に立たされている。売上の減少による資金繰りの悩みや先行きが見えないなか、顧問先企業は今まさに支援を求めている。東日本大震災以降、多くの顧問先支援を行ってきた実績を持つケーエフエスグループは、このたびの新型コロナウイルス感染症の対策支援もいち早く行動に移し、4月時点で顧問先を含む60社以上の企業に資金繰り支援を実施している。同グループ代表の小島清一郎氏に、コロナ禍の資金繰り支援の現状とコロナ後の支援について、未来会計の視点からお話を伺った。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。