フランクリン・プランナー・ジャパン株式会社

成功の決め手となるモチベーション

どんなに高いスキルや能力があっても、モチベーションが足らなければ成功は難しくなります。成功者の多くはモチベーションの高い人であり、「モチベーションなくして成功なし」と言っても過言ではありません。
高いモチベーションを保つには、周到な準備と計画を立て、少しずつ成功を積み重ねることで、達成感や満足感を得ることがポイントになります。上司の命令だからと、仕方なく嫌々仕事をしていたり、「今の会社や上司ではうまくいくはずはない……」など、自分のことは棚に上げて周りのせいにしていては、高いモチベーションを持つことはできません。
モチベーションを向上させるための要因はさまざまですが、多くの人は「達成感を感じた」「高い評価を受けた」「自分が目指すものが正しいと確信した」「自分の貢献がはっきりと分かった」「自分が最も大切だと思うことが実現した」などを実感したときに、高いモチベーションを感じるようです。
モチベーションを上げる重要なポイントは、会社や上司といった環境ではなく、自分自身の問題だということを自覚することが不可欠です。また、同じ結果を出したとしても、周囲に感謝し自信を深めるか不満を持つかでは、次の機会へのモチベーションは大きく変わるでしょう。
自分の置かれている境遇を環境のせいにすることなく、自分にできることを真剣に考え、どうすればできるかを準備・計画することでモチベーションを高くし、着実に成果を出すことができます。

タイム・マネジメントはモチベーションアップのポイント

タイム・マネジメントとモチベーションには一見関係がないようですが、大いに関係があります。タイム・マネジメントといっても、時間を長くしたり短くすることはできません。タイム・マネジメントとは時間を管理することではなく、自分の行動を計画・実行することであり、終わったら振り返るという、自分の行動を計画・管理することに他ならないからです。
フランクリン・プランナーは、計画から実行、そして振り返りまで全てを網羅していますから、あなたのモチベーションアップを支援するツールとして、ふさわしいといえるでしょう。以下に、フランクリン・プランナーを活用して、モチベーションアップにつなげる方法を紹介します。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。