五島 聡
エフピーステージ株式会社代表取締役。愛媛県上島町弓削島生まれ。経営革新等支援機関として、中小企業経営者に「現金損益®」安定黒字経営を教え、財務改善・事業承継を支援。「中小企業を強くして正しく承継することで地方創生を実現」を理念に掲げる。著書に『保険料50億円を獲得する思考術』(近代セールス社)、『トップ5%の営業マンだけが知っている34の方法』(サンマーク出版)などがある。

中小企業が直面する危機的状況

日本企業の99・7%を占める中小企業が、日本経済に与える影響は多大なものがあります。
企業が果たすべき役割のひとつが「雇用責任」ですが、労働生産人口の約7割の雇用を中小企業が担っています。その重要な中小企業が抱える主な問題が、「財務問題」と「事業承継問題」の2つです。
国税庁のデータでは、過去15年間の加重平均での赤字比率は約70%。また、経済産業省のデータによると、2025年に70歳を迎える社長の人数が245万人で、廃業予定率は約70%。この問題を放置した場合の経済損失は、GDPベースで22兆円、雇用喪失が650万人となっています。
規模が大きすぎて想像がつきにくいですが、650万人の雇用喪失とは、千葉県一県分と同規模です。経済的ダメージを受ける人はその3倍にも4倍にもなりますので、その問題解決に時間的な余裕はありません。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。