仕事は忙しいのに、それに見合った達成感や充実感が得られない、さまざまな仕事をこなせるようになったが不完全燃焼しているなどと感じることはありませんか。充実した人生を送るためのタイム・マネジメントのポイントを紹介します。

Q

入社して10年目。一生懸命に仕事を覚え、こなしてきました。ただ最近、仕事に情熱を感じられなくなり、このまま定年まで続けていく自分の姿が思い描けません。

A

無我夢中の新人から10年ともなると、仕事に少し余裕が出てくる半面、上司からの期待が大きくなり、プレッシャーもかかります。そこで、自分はこのままでいいのかなどと自信を失ってしまう人が多いようです。
あなたのタスク・リストには、自分でやろうと決めていたものから、誰かに依頼・指示されたものまで、さまざまなタスクが並んでいることでしょう。そのタスクをもう一度見てください。
そして、そのタスク一つひとつが、MUST(しなければならないこと)、CAN(できること)、WILL(やりたいこと)の要素を含んでいるかどうか確認してみてください。
おそらく、この「MUST」「WILL」「CAN」の全てが伴ったタスクは、どんなに高いハードルであっても乗り越えようとするでしょう。逆に、この「MUST」「WILL」「CAN」が何も伴ってなければ、誰かに委任したくなるでしょうし、未来永劫あなたがやることはないはずです。
あなたが本来真っ先に取りかからなければならない「重要なこと」とは、これら「MUST」「WILL」「CAN」が重なる部分のことに他ならないのです。それらの重なるところがあなたしかできない仕事であり、あなた固有の情熱の持てる仕事といえるでしょう。もう一度、「MUST」「WILL」「CAN」の観点からあなたの仕事を考えてみてください。

Q

会社ではもっと自分がやりたいことをやらせてもらえると思っていました。しかし、現実は毎日同じ仕事ばかりやらされて、仕事にやりがいや達成感が感じられません。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。