このコラムを毎日、先生の事務所コラムとして利用できます。

dailyコラムは「ヒトは接触した回数が多いほど、好意を抱きやすい」というザイアンスの単純接触効果を利用した、会計事務所専用の営業ツールです。税理士、弁護士、FP、社会保険労務士などの専門家が豊富な話題を提供します。メールを一括で顧問先や見込みのお客様に送るだけで営業活動となりますので、時間を取らず、毎日の送信ですので、お客様が税理士を必要とするタイミングを逃しません。dailyコラムは転売等の営利目的でなければ、Webコンテンツ利用や印刷もOK。あらゆるタイミングでお客様に専門知識を提供できます。また、配布用のコラムのほか、内容を専門的観点から説明した補足と解説が付いていますので、質問に容易に対応できます。無料お試し配信を実施しておりますので、お電話かWebフォームにてお申し込み下さい。

●資料請求・お問い合わせ先
〒140-0014
東京都品川区大井1-7-6 THビル4階
株式会社エム・エム・アイ
dailyコラム作成工房
TEL:03-3778-2311 FAX:03-3778-2326
Web:http://www.m-m-i-g.com/dailycolumn
※検索サイトにて『会計事務所の営業ツール』で検索

中小企業の会計ルール(2019年9月5日)

平成30年3月に「収益認識に関する会計基準」が公表されました。これを踏まえ、平成30年度税制改正において資産の販売等に係る収益に関する規定の改正や、法人税法における収益の計上時期等についての改正が行われました。
一方で、中小企業の会計処理については、従来どおり企業会計原則等による会計処理が認められることとされています。
では、中小企業は公正妥当な企業会計を実現するためどういった会計基準に準拠すべきなのでしょうか。

会計の目的

会計の目的は、株主や会社債権者といった利害関係者に対して、会社の財政状態や経営成績に関する情報を提供することにあるとされています。また、適正な会計基準に基づく計算書類を作成することは、経営判断や融資判断にも欠かせません。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。