株式会社カクシン
代表取締役 公認会計士 
長山 宏

アドミとは

アドミとは、経営資源である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の投資1円当たりの効率を最大化するために管理する部署を指します。
ヒトについては「人事」、モノについては「総務」、カネについては「経理・財務」、そして情報については「情報システム」です。これらの部署は対象とする経営資源の効率を高めるために管理をします。したがって、整理整頓と効率化で費用対効果を測定して改善分が生み出された価値です。

アドミは、経営資源といわれる「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の効率化を目指す部署です。一般的に、管理部門と呼ばれています。
ここで重要なことは、人については人事、物については総務、金については経理・財務、そして情報については情報システムが担当部署となり、1円投資当たり、付加価値にどうつなげていくかということを見ながら、それぞれの資源の有効活用法を見いだしていくということです。ですから、経営資源の有効活用が、ここでのテーマになります。
経営というものを考えると、資金循環が重要です。何を行うにしても、背後に資金というものがあり、それをどれだけ有効に活用して、 収益につなげていくか、ということなのです。管理部門も、実は価値を生み出す重要な部分だということがいえます。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。