司法書士法人ソレイユ 代表社員 司法書士
杉谷 範子

人生100年時代を迎えた今、従来の死亡に備えるだけでは足りません。「任意後見」「遺言」「信託」「保険」を4本柱とした、生前対策を含めた相続を「新・相続」と名付けて、この連載で紹介しています。

ソレイユ不動産(株)の「新・相続」の巻〈その1〉

(本稿に掲載された会社名、個人名は全て仮名であり、複数の事例を組み合わせてご紹介しています)
ソレイユ不動産は首都圏近郊で数店舗を展開している、創業50年の老舗の不動産業者です。
祖父の時代から地主であり、自らも農家を営んでいたことから、土地を多く所有しています。昭和30年代末に社長鈴木一郎氏が不動産業を創業。地元密着型の堅実な仕事ぶりで、地域住民の信頼も厚く、多くの賃貸物件の管理を任されており、背伸びをしない安定的な経営を行っています。専務である長男の鈴木 武氏いわく、「バブル期に投機的な不動産取引をしていた近隣の不動産業者は、今では全く残っていません。私どもは、バブルに踊ることなく、大儲けもしなければ、大損もしない安心経営で、どうにか今まで続いています。先祖から引き継いだ土地を手放すことなく、歴史と信用でこれからも地元のみなさんのお役に立てるよう継続して事業を発展させていきたい」と、話しています。

ソレイユ不動産の家族構成、株主構成、両親の財産目録
画像を拡大
図1 ソレイユ不動産の家族構成、株主構成、両親の財産目録

ソレイユ不動産の概要

役員構成 代表取締役 鈴木一郎
専務取締役 鈴木 武
取締役会非設置会社
株式の譲渡による取得については、株主総会の決議が必要
代表取締役は株主総会で選定

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。