あんしん経営をサポートする会 会長/税理士法人大樹 代表社員 五藤 一樹
副会長/税理士法人久保田会計事務所 代表社員 久保田博之
副会長/税理士法人弓家田・富山事務所 代表社員 富山さつき
事務局長/株式会社MAP経営 取締役 伊藤 昌博

経営計画・MAS監査の実践を通じて中小企業の存続と発展を支援する会計人の全国組織「あんしん経営をサポートする会」が、設立から23年目を迎える。株式会社MAP経営の経営計画作成ソフト「MAP経営シミュレーション」のユーザー会として発足した同会は、未来会計に取り組む会計人を、研鑽(けんさん)の場である「MAPサロン」、実践の場である「将軍の日」、「MAS監査プランナー養成講座」などとともにサポートしてきた。同会の23年間変わらぬ想いと、時代の変化に対応するための取り組みについて、会長で税理士法人大樹代表社員の五藤一樹氏、副会長で税理士法人久保田会計事務所代表社員の久保田博之氏、同じく副会長で税理士法人弓家田・富山事務所代表社員の富山さつき氏、事務局長で株式会社MAP経営取締役の伊藤昌博氏に伺った。(本インタビューはウェブ会議ツール「Zoom」を利用してウェブ上で行いました)

MAS監査・未来会計を実践する会計人の全国組織

―― 今年で設立23年目を迎えた「あんしん経営をサポートする会」は、経営計画とMAS監査を通じて、全国に未来会計を広める活動を続けてきました。本日はその歴史を振り返りつつ、発足当初から一貫して変わらぬ想いと、デジタル化の加速に伴って変化していく社会環境への対応について、現会長の五藤一樹先生、副会長の久保田博之先生と富山さつき先生、事務局長の伊藤昌博氏に伺いたいと思います。
五藤先生は名古屋市の税理士法人大樹の、久保田先生は京都市の税理士法人久保田会計事務所の、富山先生は東京都昭島市の税理士法人弓家田・富山事務所の代表社員を、伊藤事務局長は株式会社MAP経営の取締役を務めていらっしゃいます。
まずは伊藤事務局長に、同会設立の経緯についてお聞きします。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。