株式会社ミロク情報サービス

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(東京都新宿区、以下MJS)が、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け業況が悪化した企業に対する政府や政府系金融機関等の資金繰り支援策について、支給・融資対象となるか否かを判定する「MJS資金繰り支援対象判定ツール」を開発し、6月11日よりMJSのコーポレートサイトの特集ページ(https://www.mjs.co.jp/feature/cashflow_tool_download/)において、無償提供を開始した。
 「MJS資金繰り支援対象判定ツール」は、「持続化給付金」「雇用調整助成金」をはじめ、「納税の猶予制度の特例」など税制上の措置や、これから申請が始まる「家賃支援給付金」にもいち早く対応。エクセル形式のツールをダウンロードして売上高の推移など判定に必要な情報を入力後、ファイル上の「実行ボタン」を押すだけで、各種資金繰り支援策(13種類)の支給・融資対象か否かを判定し、判定結果を一覧表示する。これにより、誰もが簡単な操作で対象となる支援策の把握が可能となり、急を要する資金繰りの問題に対し、判定結果に基づいた適切な手続きを迅速に進めることが可能となる。なお、本ツールはMJSの製品ユーザーでなくても利用することができる。
 MJSグループは、今後も各種支援策の追加・変更に対し機能や情報のアップデートを行い、全国の会計事務所とその顧問先企業、そして中堅・中小企業、個人事業者の事業継続を支援していく。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。