株式会社ソルト総合会計事務所(山本将之公認会計士・税理士事務所)
山口県防府市天神1丁目5-23中村ビル4階-1 
電話:0835-28-7314

株式会社ソルト総合会計事務所代表の山本将之先生(写真)は、地元である山口県防府市の中小企業を支援したいという思いから、2015年に事務所を開業しました。社長とのコミュニケーションを大切にし、事務所一丸となって経営支援サービスに取り組んでいます。

地元企業を支援したい

―― 山本先生のご経歴をお聞かせください。

山本 私は高等専門学校でもともとプログラマーを目指していたのですが、その過程で簿記を学んだことを機に、公認会計士の道に転向しました。試験に合格してからは新日本監査法人において、上場企業の会計監査業務などを経験しています。
その後、地元の防府市に戻ってYKプランニングに入社し、会計事務所に向けたソフトウェアの販売業務を経験しました。独立は4年前で、そのときにソルト総合会計事務所を開業しています。

―― 独立のきっかけは、どのようなものだったのですか。

山本 前職で会計事務所と仕事をしたことです。「自分も、地元企業の支援がしたい!」という想いを抱いたことが、独立のきっかけになりました。

―― 会計事務所の事務所名の意味などをお聞かせください。

山本 ソルト総合会計事務所の「ソルト」は、塩の「salt」です。経営を「料理」に例え、「素材」つまり「主役」を経営者としたとき、私たちは素材を引き立てる「調味料」という役割であるという意味を込めています。経営の裏方として社長をサポートするという私たちの理念です。また、防府市は江戸時代から昭和にかけて約260年間にわたり塩田産業が行われた歴史を持つ、塩と縁のある地域です。事務所名には地元と関わりのあるものを入れたかったので、この名前に決めました。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。