BR経営コンサルティング/伊東修平税理士事務所 代表 税理士 伊東修平

BR経営コンサルティング/伊東修平税理士事務所(東京都板橋区)の代表を務める伊東修平氏(写真)は、システムエンジニア、商社勤務といった異色の経歴のなかで税理士資格を取得した勤勉家である。一昨年設立した黒船イノベーションズ株式会社では、持ち前のIT技術を武器に、地元中小企業の資金調達にクラウドファンディングを活用するなど、税務の枠にとらわれない顧客サービスが注目を集めている。本稿では、顧問先支援の新しい領域を開拓し続ける伊東氏に、ご自身が掲げる理念や、顧客支援戦略について伺った。

勤務先の倒産を機に「やり直し」を支援できる税理士へ

── 本日は、BR経営コンサルティング/伊東修平税理士事務所の伊東先生にお話を伺います。まずは、事務所の沿革についてお聞かせください。

伊東 私が税理士事務所を開業するきっかけになったのは、知人が役員として参画することとなった会社から、経営再建のアドバイスをしてほしいと打診されたことです。
当時、私は税理士試験に 合格し、食品商社に勤めながら開業準備を行っていました。商社では、情報システムの部署立ち上げの責任者として入社後、財務、人事、法務、経営企画等さまざまな部署を任されてきました。複数部署で重要なポジションを任されている状況だったため、すぐに会社を辞めることは困難でした。
そのため、2016年の12月に合格したのち1年くらいかけて開業準備を行っていく予定だったところ、経営再建のアドバイスを求められるようになったことをきっかけに、予定を早めて開業をしました。当時は商社にも勤務しながらの複業での開業でした。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。