インテグループ株式会社 代表取締役社⻑ 藤井⼀郎
コンサルティング部 マネージャー 夏⽬雄太

インテグループ株式会社(東京都千代田区)は、完全成功報酬制を掲げるM&A仲介・アドバイザリー企業である。少子高齢化が進展するなか、経営者の高齢化と後継者不足は深刻な問題となっている。M&Aはそのような問題を解決する有効な手法だが、専門会社に仲介を依頼すると高額の着手金を求められる場合が多く、資金力のない中小企業にとっては高いハードルとなっている。そのようななか、インテグループは完全成功報酬制を採用し、売り手企業の負担やリスクを大きく軽減しており、会計業界でも注目を集めている。本稿では、インテグループ代表取締役社長の藤井一郎氏(写真左)と、コンサルティング部マネージャーの夏目雄太氏(同右)に、同社の取り組みや会計事務所との連携体制について伺った。(写真撮影 大山美穂)

M&Aで中小企業を支援

── 本日は、インテグループ株式会社の藤井社長と夏目マネージャーに、事業の概要と今後の展開について伺います。まずは、貴社設立の経緯について伺います。

藤井 インテグループは私と副社長の籠谷が設立した会社ですが、以前、米国のビジネススクールに留学していたときに、現地でM&Aが大変盛んであることを目にしたのがきっかけとなっています。
米国で流行ったビジネスは数年遅れで日本でも盛り上がる傾向がありますから、将来性のあるビジネスとして注目していました。
その後、帰国してITベンチャーの事業に携わっていたのですが、留学時代の知人から一緒にM&A事業をやらないかと声をかけられ、この業界に本格的に関わるようになりました。
その後、自分が理想とするM&Aを追求したいという思いから、2007年にインテグループを設立しました。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。