下川・木地税理士法人/木地健介公認会計士事務所 代表 税理士・公認会計士 木地健介

下川・木地税理士法人(東京都中央区)は、日本橋に拠点を構える会計事務所である。代表税理士の木地健介氏(写真)は、大学在学中に公認会計士試験に合格し、監査法人勤務を経て、34歳で個人事務所を開業した。以来、「経営者の味方であり続ける」ことを信念として掲げ、中小企業経営者の支援に取り組んでいる。木地氏は中小企業の創業・融資支援に強く、他の若手会計人と連携して業界全体の発展にも精力的に取り組んでいる。今回の取材では、事務所成長戦略や最新テクノロジーへの対応、会計人としての抱負などについて、同氏にお話を伺った。
(写真撮影:市川法子)

大学在学中に公認会計士試験に合格し、34歳で開業

―― 本日は、下川・木地税理士法人/木地健介公認会計士事務所の代表である木地健介先生にお話を伺います。
木地先生には、弊誌2017年11月号の「若手会計人に訊く」にもご登場いただきました。34歳という若さで独立・開業された木地先生は、「経営者の味方であり続ける」という信念のもと、中小企業の創業支援や創業融資に力を入れています。
業界全体の活性化を図るべく、他の会計人と積極的に交流し、AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)といった最新のテクノロジーも率先して活用されています。
今回の取材では、こうした数々の取り組みについて、詳しく伺いたいと思います。
まずは、木地先生のこれまでの歩みについて、ご紹介いただけますか。

木地 私が最初に公認会計士を目指そうと思ったのは、大学1年生のときです。高校生のころから経済や経営の分野に興味があり、大学は経済学部に進みました。
大学が資格取得に力を入れていたこともあり、資格があれば独立して仕事をしていくことができるし、人生が大きく変わるのではないかと考え、在学中から受験勉強を始めました。そして、4年生のときに公認会計士試験に合格しました。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。