税理士法人audience 代表税理士 和田壮司
株式会社マネーフォワード 代表取締役社長 CEO 辻 庸介
株式会社クラビス 代表取締役 CEO 菅藤達也

株式会社マネーフォワード(東京都港区)と、グループ会社の株式会社クラビス(東京都千代田区)は、AIなどの先端技術を駆使したクラウドサービスを提供する企業である。両社が提供するビジネス向けクラウドサービス「マネーフォワード クラウド」や、クラウド記帳サービス「STREAMED」は、会計事務所の業務効率化を実現するサービスとして注目を集めている。消費税率の引き上げに伴う軽減税率制度や、今後導入が予定されているインボイス制度のため、会計事務所の負担は深刻化することが予想されている。マネーフォワードとクラビスのサービスは、会計事務所が抱えるこうした負担の軽減に劇的な効果があることが分かっている。今回の取材では、マネーフォワード代表取締役社長CEOの辻 庸介氏と、株式会社クラビス代表取締役CEOである菅藤達也氏、そしてクラウドを駆使した事務所経営で知られる税理士法人audience代表税理士の和田壮司氏に、会計事務所の業務効率化と、会計業界の未来についてお話を伺った。(写真撮影:市川法子)

常に新しいサービスを生み出し続けるマネーフォワード

―― 本日は、ビジネス向けクラウドサービス「マネーフォワード クラウド」などを提供する株式会社マネーフォワードの辻社長、クラウド型記帳サービス「STREAMED」を提供する株式会社クラビスの菅藤社長、そしてクラウドを活用した業務効率化に取り組む税理士法人audienceの和田先生のお三方にお話を伺います。
まずは辻社長に、株式会社マネーフォワードの近況を伺います。

 おかげさまで、当社も創業から7年が経ち、上場後も毎年60~70%の伸びで順調に推移しています。社員数は550名を超え、提携する会計事務所様は3800事務所超、銀行様向けのサービスも30行以上に提供させていただいています。
とはいえ、経営は一筋縄でいくものではありません。常に新しいサービス、マネタイズの手法、社内環境の改善など、さまざまなことに頭を悩ませる日々です。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。