右からベンチャーサポート相続税理士法人の古尾谷裕昭先生、三ツ本 純先生、ベンチャーサポート不動産株式会の菅野 靖氏、ベンチャーサポート司法書士法人の田中千尋先生、ベンチャーサポート行政書士法人の本間 剛先生、弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所の水流恭平先生

ベンチャーサポート相続税理士法人(本店:東京都中央区)は、ベンチャーサポートグループの相続部門として平成28年に設立された。グループ内のさまざまな士業法人と連携したワンストップサービスにより、創業からわずか3年で東京、横浜、大阪、名古屋、大宮の5拠点にオフィスを構え、年間の相続税申告件数が1000件を超えるという急成長を実現している。代表税理士の古尾谷裕昭氏と三ツ本 純氏、グループの弁護士法人の水流恭平氏、行政書士法人の本間 剛氏、不動産会社の菅野 靖氏に、士業間連携によるワンストップサービスの実際や人材育成法などを伺い、急成長の秘訣を探った。(写真撮影:市川法子)

設立から2年で相続税申告件数1000を達成

―― ベンチャーサポートグループは、ベンチャーサポート税理士法人をはじめとするさまざまな士業法人で構成されています。創業者の中村真一郎先生が強力なリーダーシップを発揮し、設立から15年で急成長を遂げた大型士業グループです。
本日取材するベンチャーサポート相続税理士法人は、同グループの相続部門として平成28年に設立されました。
グループ内の行政書士法人や司法書士法人、弁護士法人、不動産会社と連携し、相続に関わるあらゆる問題を解決するワンストップサービスの提供を特徴としています。
これにより、短期間で相続税の申告件数を急激に伸ばし、業界で大きな注目を集めています。
本日は、ベンチャーサポート相続税理士法人代表税理士の古尾谷先生と三ツ本先生、弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所の水流先生、ベンチャーサポート行政書士法人代表行政書士の本間先生、ベンチャーサポート不動産株式会社の菅野執行役員にお話を伺い、その急成長の仕組みを探りたいと思います。
まず古尾谷先生に、ベンチャーサポート相続税理士法人の概要についてお聞きします。

古尾谷 当社は3年前の5月1日に、ベンチャーサポート税理士法人の相続部門としてスタートしました。立ち上げ時のメンバーは、私と同席している三ツ本を含めて3人でした。
ベンチャーサポート税理士法人はもともとウェブ集客に強くノウハウもあるので、当社もウェブでの集客に力を入れてきました。その結果、昨年は相続税申告1000件を達成しています。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。