税理士法人スーゴルの鈴木涼平氏(写真)は、新卒入社5年目で採用担当を兼務する敏腕職員。経営理念「みんなが幸せになること」のもと、人材採用・育成を通じて事務所とお客様を幸せにする、新しい挑戦を始めます。

―― 鈴木さんのプロフィールをお願いします。

鈴木 大学卒業後、新卒でスーゴルに入社しました。学生時代は公務員を目指して勉強をし、国家公務員の一般職と地元の宮城県の気仙沼市役所に合格したのですが、同時に就活も進めていて、応募した会計事務所のなかで、すばる会計事務所(現:スーゴル)が私に一番合っていると感じ、就職を決めました。

―― 目指していた公務員試験に合格されたにもかかわらず、スーゴルを選ばれたのですね。

鈴木 スーゴルは、面接でアットホームで活力のある職場だと感じました。公務員やほかの会計事務所で感じたお堅い雰囲気はなく、何でもいろいろ挑戦してみたい性格の私にとってはとても魅力的な環境と思いました。
会計事務所で就活を始めた理由は、数学が得意だから数字に関わる仕事をしたい、士業の仕事に携わってみたいといった考えがあったからですが、スーゴルの面接で話を聞くうちに、ここで挑戦したいという気持ちが芽生えました。

―― 会計事務所のスタッフとして実際に働いてみて、いかがですか。

鈴木 やればやるほど、自分の知らない領域の広さに驚かされる仕事だと思います。入社3年目の頃、担当先も増えて監査に自信がつき、ようやく仕事ができるようになってきたと思ったのですが、5年目の今、あのときはまだ勉強不足だったと気付かされることが多々あります。

―― 定着が難しいといわれる業界で5年目を迎えられたことは、素晴らしいことだと思います。現在は、監査担当のほかに、採用担当も兼任されていると伺いました。

鈴木 昨年の秋から兼任となり、採用活動のほか、社内教育の内容や仕組みの企画づくりにも携わるようになりました。会計事務所は特に、人材が事務所の価値に直結する業種だと思いますので、一緒に事務所を成長させてくれるスタッフを採用・育成し、スタッフのキャリアビジョンを考えながら長く働けるようフォローしていける、そんな人になりたいです。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。