住信SBIネット銀行株式会社 代表取締役社長 円山法昭

住信SBIネット銀行株式会社(東京都港区)は、創業14年目を迎える日本屈指のインターネット専業の銀行である。最先端のITを駆使した金融取引システムに強みを持ち、近年は住宅ローンにおけるAI審査モデルの導入や、法人向けトランザクションレンディングの提供など、独創的なビジョンに基づく新たな商品・サービスを社会に発信し続けている。なかでも、「NEOBANK」サービスでは、銀行という「業態」にとらわれず、バンキングという「機能」に重点を置いて、未来の金融の創造と変革を目指している。代表取締役社長の円山法昭氏(写真)に、同社が目指す未来の金融とその事業戦略について伺った。(撮影 石川 純)

新たな金融ビジネスを創造し続けるネット銀行の最大手

―― 本日は、住信SBIネット銀行株式会社の代表取締役社長である円山法昭氏にお話を伺います。
同社は、設立当初から最先端のⅠT基盤を活用し、より便利で使いやすいサービスを次々と打ち出してきました。現在は、パートナー企業に銀行の機能を提供する「NEOBANK」というサービスに力を入れており、昨年には「NEOBANK」をブランド名に採用し、ロゴの刷新やブランドサイトを立ち上げています。
今回の取材では、同社の目指す新しい金融サービスの在り方や、中小企業支援におけるネットバンキングのメリット、その普及や事業展開において会計事務所に期待する役割などについて伺いたいと思います。
初めに、住信SBIネット銀行の概要を紹介していただけますか。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。