サン共同税理士法人(東京都港区)は、平成28年の開業からわずか5年間で、東京都を中心に8拠点を擁する税理士法人へと成長を遂げている。その急成長の原動力となっているのが、積極的なIT化戦略と強みのITを生かした他事務所との経営統合であり、特にRPAの導入をいち早く推進し、業務効率化とコスト削減を実現している。規模の拡大に合わせて、M&A事業や人材紹介業など、幅広いビジネスを展開している。今回の取材では、代表社員で青山オフィス所長の朝倉歩氏(写真左)と日本橋オフィス所長の坪池剛氏(同右)に、同社の新型コロナウイルス対策や経営統合のメリット、DXへの取り組みなどについて伺った。

開業5年目で8拠点、75名規模に成長

―― 本日は、サン共同税理士法人の代表社員税理士で青山オフィス所長の朝倉歩先生、社員税理士で日本橋オフィス所長の坪池剛先生にお話を伺います。
サン共同税理士法人は、開業5年目の若い事務所ながら、徹底したIT化とM&Aによって急成長を遂げている会計事務所です。朝倉先生の弊誌へのご登場は、2019年4月号、同7月号、2020年3月号に続いて4回目となります。
これまでの記事では、同社のM&Aを活用した拡大戦略や、IT活用の一環としてのRPA(Robotic Process Automation)導入による業務効率化の取り組み、全国の会計事務所に向けたRPA普及活動などについてお話しいただきました。
今回の取材では、同社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大への対応、昨年行われた日本橋オフィスとの統合の経緯や、共同会計事務所としての強み、DX(Digital Transformation)への取り組みなどについて伺いたいと思います。
まずは朝倉先生から、サン共同税理士法人の概要をあらためて紹介していただけますか。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。