会計事務所RPA研究会株式会社

 5月16日、Zoomオンラインにおいて、会計事務所RPA研究会株式会社主催の「会計事務所RPAサミット2020・ピンチをチャンスへ!!」が開催された。視聴者は約100名。
 新型コロナウイルスからスタッフと顧問先を守る、会計事務所の有事の仕組み作りを公開。「RPAを活用している最先端の会計事務所が『今』新型コロナウィルス時代を生き抜くために考えていること」をテーマに講演・ディスカッションが行われた。
 コーディネーターは会計事務所RPA研究会株式会社取締役の大野 晃氏。パネラーは、税理士法人広瀬の廣瀬 翼氏、株式会社イワサキ経営の田村高志氏、雅税理士事務所の片口雅之氏、会計事務所RPA研究会株式会社代表取締役の大城 真哉氏。
 本サミットは6月10日にもオンライン限定で開催され、多数の視聴者が参加。アフターコロナに向けた会計事務所の動向、時流変化をするためのRPAツール「EzRobot」の活用事例について学んだ。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。