freee株式会社

 freee株式会社(東京都品川区、以下freee)は、取引の発注者と受注者が、クラウド上で情報を共同管理することで見積・発注・請求の3つの業務を効率化する「freee 受発注サービスβ版」の提供を開始した。
 発注者と受注者の間で、発注内容や金額、納期などの項目を「freee 受発注サービスβ版」上で共有することで、見積依頼、見積書、発注書、請求書の作成と確認を一気通貫で行い、入力、転記、確認の手間の大幅な削減が可能となる。
 請求書は「会計freee」へワンクリックでアップロードすることで、支払状況の可視化も実現。見積書・発注書・発注請書・請求書はPDFでダウンロードすることもできる。
 これまでの取引の受発注業務では、取引現場における発注作業や請求書作成および回収の煩雑さ、また、管理部門において各取引の進捗が一元管理ができないなど、さまざまな課題があったが、「freee 受発注サービスβ版」では、発注者と受注者がクラウド上で見積・発注・請求に関する情報を共同で編集することで、転記削減とコミュニケーション円滑化を実現し、従来の課題を解決することが可能となる。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。