古田土会計グループ

 1月10日、江東公会堂 ティアラこうとう(東京都江東区)において、古田土会計グループ(東京都江戸川区)の「第38期 経営計画発表会」が開催された。参加者は約980名。
 第1部は株式会社武蔵境自動車教習所(東京都武蔵野市)代表取締役会長の髙橋 勇氏を講師に招き、基調講演が行われた。テーマは「私の経営」。武蔵境自動車教習所は、少子化で免許を取る人がピーク時の約4割という厳しい状況のなか、全国の自動車教習所のベスト3に入る業績を上げている。「共尊共栄」を経営理念に掲げ、経営の三本柱「社員満足」「顧客満足」「地域社会貢献」を戦略として捉え、「理念」を軸とした経営について講演した。
 第2部の発表会では、開会の辞、国歌斉唱、辞令交付、勤続表彰に続いて、株式会社古田土経営代表取締役社長の飯島彰仁氏が第38期(2020年度)の経営計画を発表した。
 社員宣誓、閉会の辞の後、終了した。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。