株式会社日本デジタル研究所

株式会社日本デジタル研究所(東京都江東区)は、6月3日から6月11日にかけて、全国31会場で展示会「JDL AI-OCRご体感フェア」を開催した。参加者は、全国31会場を合わせて1600名以上。
JDLの「AI-OCR」は、会計事務所実務に特化した独自開発のAIである「JDL AI」を使用したOCR技術。会計事務所専業メーカーならではの実装により高い業務改善効果を実現。最初のシステムのリリース後3年で、約6000事務所が導入している。なお、今回の展示会の参加者は、前回よりも400名以上増えており、「JDL AI」に対する会計人の関心の高さがうかがえる。
6月3日には、有楽町会場(東京)で展示会が開催された。第1部では、「JDL AI導入による会計事務所の業務効率化と経営改善」というテーマで、会計事務所が抱える課題を「JDL AI」が解決する事例や、具体的な費用対効果について説明があった。
第2部では、証憑の読み取りと同時に仕訳を生成する「オンタイム仕訳生成処理」など、データを高速生成する「JDL AI」の実機デモンストレーションが行われた。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。