第一法規株式会社

第一法規株式会社(東京都港区)は、4月10日にオンラインセミナー「アフターコロナでこう変わった! 融資が受けやすくなる銀行対応の方法」を開催した。参加者は、会計事務所関係者など150名以上。
「新訂版 顧問先が融資を受けやすくなる! 税理士が知っておきたい 中小企業の財務改善ノウハウ」(松波竜太編著・監修、資金調達相談士協会著、第一法規刊、2024年)の発行を記念して開催されたセミナー。同書の編著者・監修者であり、資金調達相談士協会会長の松波竜太氏が講師を務めた。
松波氏は、資金繰りと銀行交渉の具体的なテクニックを解説した。おもな内容は、「銀行借入にまつわるウソ・ホント」「融資の担当者は決算書のどこを見る」「銀行を動かす2つの行動原理とは?」「何行と付き合えばよいの? いくらずつ借りればよいの?」「銀行交渉はどのタイミングで行えばよいの?」「赤字の対応とスムーズなリスケジュールへの移行の仕方とは?」。
参加者は、融資の受け方、そして銀行との効果的な交渉方法のほか、松波氏独自の「キャッシュリッチ資金繰り法」をはじめ、実践的な財務戦略を通じて、中小企業が直面する資金繰りの問題を解決へと導く方法を学んだ。
松波氏は書籍に書かれている内容だけでなく、書籍には書ききれなかった内容や、最新情報などを交え、詳細な解説を行っていた。

書籍情報

書名「新訂版 顧問先が融資を受けやすくなる! 税理士が知っておきたい 中小企業の財務改善ノウハウ」
判型 A5判352ページ
定価 3520円(税込)
概要 決算書の組み方から事業計画の立て方、銀行交渉までを体系的に学べる。今回の改訂では新たに「アフターコロナ・ウィズコロナの銀行対応」を加筆し、中小企業・税理士事務所の実情に即してアップグレードしている。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。