株式会社MAP経営

株式会社MAP経営(東京都中野区)は、全国の会計事務所や金融機関が中小企業経営をサポートするための経営シミュレーションシステム「MAP経営シミュレーション+(プラス)」(以下、「MAP+」)をリリースした。

「MAP+」は経営者が意思決定をする将来の損益・貸借・資金繰りに完全連動した「経営計画」を作成できることが特徴で、さらに、作成後の進捗管理(モニタリング)では検討した対策がその後の損益や資金繰りにどのように反映されるかを瞬時に確認でき、経営者の意思決定のスピードを上げることができる。

「MAP+」は会計事務所が中小企業の経営者とコミュニケーションを取りながら「伴走支援」を行うためのツールとしても活用できる。会計事務所などの士業専門家が「MAP+」を導入するにあたっては、企業サポートの情報交流を含めた会員制度の中でのソフトウェア利用となります。企業自ら導入する場合はサブスクリプション(月額利用料)でのソフトウェア利用が可能。

「MAP+」では会計ソフトとの連動機能を大幅に改善したことで、作業にかかる時間が短縮され、作業効率が格段に上がった。また、決算書データから売掛金・買掛金・在庫などの企業特性を計算し将来の計画に反映する自動計算の機能により、経営意思決定変更が瞬時に将来の財務諸表(P/L・B/S・C/F)として反映されてシミュレーションできるため、経営者の意思決定を強力にサポートすることができる。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。