JPA総研経営参与グループ

7月4日、JPA総研経営参与グループ(東京都千代田区ほか)が、本部・お茶の水支社、立川支社、横浜支社、東京都心支社、郡山支社、福島支社、あだたら支社、千葉支社をオンラインでつなぎ、「JPA総研経営参与グループ『長期経営指針 第57期経営計画』発表会」を開催した。株式会社TKC、大同生命保険株式会社、金融機関などから招待客が来場した。

国歌斉唱、本社総務部長の神野和昭氏による開会のことば、永年勤続表彰等に続き、同グループ代表の神野宗介氏がグループの「長期経営指針及び長期経営ビジョン」を発表した。

休憩をはさみ、株式会社実務経営サービス代表取締役会長の中井誠が「会計事務所を脱皮した日本パートナー経営参与事務所に期待する‼」をテーマに記念講話を行った。

続いて、グループ各社の経営計画発表、提携企業・JPA総研顧問の挨拶、各地区代表者の決意表明が行われた。

福島支社次長、鈴木俊也氏の閉会のことばで閉会した。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。