書籍案内
中小企業金融における会計の役割
坂本孝司、加藤 恵一郎 編著
中央経済社刊
定価3,000円+税
本書は、中小企業金融における会計の役割について、金融政策における位置づけと歴史的な経緯を示したうえで、融資(貸出)、決算書の信頼性および経営改善の視点から理論的・体系的に論じている。中小企業金融と会計の関係性については、その重要性は認識されているものの、実務的なアプローチのものがほとんどであり、十分な研究の蓄積がなされていないなか、本書は先駆的なものとなっている。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。