株式会社アーヌエヌエ

8月3日、加瀬ビル164・会議室(東京都港区)において、株式会社アーヌエヌエ(東京都渋谷区、代表:杉山豊氏)が「浜松町ビジネススクール『ハマビジ』卒業生の集い2021夏」を開催した。本イベントは、アーヌエヌエが主催する浜松町ビジネススクールの卒業生が集結する、年に2回開催されるオフ会である。全体の参加者は約30名。
 ワイズ・パートナーズ税理士法人代表社員の小西孝幸氏が「生命保険募集人とともに考える事業承継」をテーマに登壇。ワイズ・パートナーズ税理士法人の新しい試みである実践型事業承継支援コミュニティ「継栄Labo」の発足と参加者募集の告知のほか、なぜ生命保険募集人が事業承継に資するべきなのかを解説した。
 事業承継専門税理士である小西氏は、一向に進まない事業承継のカンフル剤として、本気で事業承継と向き合う生命保険募集人とともに、コミュニティの発足を決意。生命保険募集人がどのような切り口で顧客と対峙していけばよいのか。実践と共有を繰り返してケーススタディを積み重ねる。これこそが何よりも欠かせない大切な財産、ノウハウであるという結論から、このコミュニティを発足するに至った。あくまで実践型、対話型であり、少人数運営にこだわって継続されていくとのことである。
 最後にワンポイントアドバイスとして、今すぐ使えるセールストークを披露した。参加者は熱心に耳を傾けていた。
 終了後は受講者間での名刺交換も行われ、交流を深めた。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。