神野宗介 著
高木書房刊
定価2,000円+税

新型コロナと政府の中小企業改革で、今、中小企業は200万社が淘汰されるという危機の中にある。その原因は中小企業の8割が赤字であるという現実である。そして中小企業を守るべき職業会計人・税理士が、その役割を果たしていない実態を本書は明らかにしている。では、どうすれば健全化・黒字化ができるだろうか。業務品質日本一を目指し実践してきた著者が、60年の実績で確信した職業会計人としての在り方を具体的に提言している。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。