HOPグループ

5月12日、ビジョンセンター日本橋(東京都中央区)本館9階ビジョンホールにおいて、「2021年度HOPグループ経営計画発表会」が行われた。HOPグループ全スタッフ約20名、来賓者19名が参加した。新型コロナウイルス対策として、開催前日に全スタッフがPCR検査を受けるなど、万全な対策が講じられ開催された。本イベントはオンラインでも配信された。
 開会の挨拶、国歌斉唱、経営理念唱和に続き、グループ代表の小川 実氏が今期の方針と目標・取り組みを発表した。
 続いて部門別の方針・目標・取り組みの発表が行われた。発表したのは笑顔経営部門が星川 望氏、笑顔相続部門が高橋大祐氏。
 来賓の講評では、梅林株式会社代表取締役の小林寛正氏と一般社団法人成長企業研究会顧問の白井一幸氏が登壇した。
 新入社員紹介、代表挨拶、閉会の挨拶で閉会した。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。