中小企業DX推進研究会

4月21日、中小企業DX推進研究会がオンラインセミナー「中小企業DXカンファレンス」を開催した。参加者数が470名を超える大盛況だった。
 中小企業DX推進研究会会長の山口高志氏と一般社団法人日本DX推進機構代表理事の岸良圭祐氏の開会の挨拶に続き、基調講演とパネルディスカッションが行われた。基調講演①は、株式会社EBILABの常盤木龍治氏が「コロナ禍だからこそ新規事業⁉ 伊勢の老舗食堂『ゑびや』発スタートアップEBILABが実践する中小企業だからこそできるデジタルトランスフォーメーションの道」をテーマに講演した。
 基調講演②は、株式会社エル・ティー・エスの猪良幸太郎氏と玉城陽子氏が「経営に求められるDXとは~DX推進のアプローチ方法と心構え~」について講演した。
 パネルディスカッション「この失敗だけはするな! 中小企業のDX推進における落とし穴!」では、モデレーターは株式会社トムスの山﨑啓輔氏、パネラーは株式会社大阪教育研究所の辻尾洋人氏、ピー・シー・エー株式会社の野垣智靖氏、株式会社ココペリの金丸文俊氏が務めた。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。