株式会社マネーフォワード

株式会社マネーフォワード(東京都港区)は、アマゾンウェブサービス(以下、AWS)を活用し、Fintechサービスの共通基盤である「マネーフォワードFintechプラットフォーム」の提供を開始した。第一弾として、株式会社横浜銀行(横浜市西区)が提供する法人向け無料会員制ポータルサイト「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」に導入する。
「マネーフォワードFintechプラットフォーム」は、金融関連サービスの資産データや決済データを蓄積・分析し、Fintech企業をはじめとするパートナー企業の提供サービスと連携できる共通基盤。金融機関は、本プラットフォームを活用することで、顧客ニーズに合ったサービスを迅速に提供することができる。
また、本プラットフォームは、AWSが提供するストレージや分析などができるサービス(マネージドサービス)を活用して構築している。AWS上で構築することで、効率的なAPIの管理や運用が可能になるほか、金融機関とセキュアなデータ連携が可能となる。
横浜銀行では、本プラットフォーム導入により、「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」において複数金融機関の口座データの一元管理が可能になる。なお、口座データの取得は、アカウントアグリゲーション基盤を活用して行う。今後、横浜銀行は、本プラットフォームを通じて、デジタル通帳をはじめ、ICTや金融テクノロジーを活用した利便性の高い新たな金融サービスの提供を行う予定。
マネーフォワードは、本プラットフォームを通じて、金融機関の顧客向けサービスの拡充と、金融機関のDXを支援していく。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。