弥生株式会社

 弥生株式会社(東京都千代田区)は「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップと、株式会社LayerX(東京都中央区)が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の連携を開始した。   
 「LayerX INVOICE」は、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化し、仕訳データや振込データの自動作成および会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。
 これにより「LayerX INVOICE」で、弥生会計ラインアップに取り込める仕訳データのダウンロードが可能となる。仕訳データを弥生会計ラインアップにインポートすると、会計帳簿や決算書、レポートを自動で作成することができる。
 また、弥生会計ラインアップの勘定科目データは、手入力や変換をしなくても「LayerX INVOICE」に取り込め、「LayerX INVOICE」で新たにマスターデータを登録する必要がない。
 今回「LayerX INVOICE」と連携する弥生会計ラインアップは、クラウドアプリケーションの「弥生会計 オンライン」とデスクトップアプリケーションの「弥生会計 21」。なお、クラウドアプリケーションは、勘定科目データ連携の対象外。

こちらは BMS Web会員 実務経営研究会会員 用記事です
最新号のみ読める「BMS Web会員(無料)」または、
すべての記事が読める「実務経営研究会会員(有料)」へご登録いただくと続きをご覧いただけます。